FC2ブログ

Entries

「抱擁、あるいはライスには塩を」江國かおり


抱擁、あるいはライスには塩を抱擁、あるいはライスには塩を
(2010/11/05)
江國 香織

商品詳細を見る
前に雑誌に載っていた、お料理の本やエッセイ特集
みたいな中で推薦されていたので読んでみた。
ストーリーの中にお料理やその描写がいっぱり出て
くるのかと思ったら、そうでもなかったけど(^^;)。
古いお屋敷に住む、風変わりな一族の話。
「子供は大学入学まで自宅学習」という教育方針に
まず驚かされ、家族の面々がまた個性的。
各章それぞれの人物ごとの目線で語られていくけど
3世代が入れ替わるのでちょっと分かりづらいかも。
「常識」という言葉は通用しないだろうけど
それぞれ家族や恋人を思う気持ちは温かくて強い。
桐叔父さんにはもっと生きていてほしかったし、
終盤の絹さんの秘密には一番驚いた(^^;)。
長編なので読みごたえあり。
スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://jyontagarden.blog37.fc2.com/tb.php/2461-20d73462
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Extra

プロフィール

ジョン太

Author:ジョン太
北九州在住の専業主婦。
夫タオと子ども2人の4人家族。
(ユースケ16歳・シュンヤ11歳)
美味しいもの大好き、
日々感じることを
あれこれ綴っています。

月別アーカイブ

ブログ内検索