Entries

夏休みが終わる

みんなの夏
今日で夏休みが終わる。
今年はいつもより帰省が長めだったので、
思ったより早く過ぎた気もするのだけど
もうそろそろいいやという感じ(^^;)。
ユースケの宿題は無事終わった。
・・が、↑ このシュンヤのシール張り。
毎日寝る前に一つずつシールを張る。
(ごほうびシールと歯磨きシール)
ユースケの時より少ないので楽勝と思って
ペタペタ張らせていたけど、よく見ると
「今週のお約束」や「おうちの人から一言」
などを書かないといけなかった(^^;)。
もう夏休みも終わろうという時に今さら
「お約束」を書いている私・・。
夏休みの宿題を最後に慌ててやっている
子どもみたいな気分(^^;)。
スポンサーサイト

投票日

ポスト
今日は午前中に総選挙の投票へ。
今回は政権交代かどうか注目されているので
投票率の行方も気になるところ。
ユースケはなぜか投票に興味津々だった。
さすがにこんなに閉そく感がある世の中は
なんとかならないものかと思う。
投票場所は学校の横の市民センターなので
学校の中を横切って入っていくことができる。
↑ これは学校の一角にある郵便ポスト。
どういうわけだか、学校の敷地内にあって
昔は使われていたのかどうか本物っぽい。
ユースケに聞いてもよくわからないけど、
まさか中に手紙なんて入ってないよねぇ?と
言いつつ、面白いので撮ってみました(^^)。
そして、民主党圧勝、政権交代。
どうにか良い方向へ行くことを期待したい。

いけばな体験教室

いけばな
↑ ユースケが生けたお花。
今日は夏休みの「子供文化ふれあいフェスタ」の
いけばな体験教室。
体操教室で知り合ったママ友達が教えてくれて、
シュンヤはまだ無理だけどユースケならと参加。
本人もやってみたいと言うし。
子供たちには一人ずつお花が渡されて、3,4人に
一人の先生がついて生け方を教えてくれる。
ユースケのお花はシンフォリカルポス、リオン、
トルコキキョウ、キイチゴ。
(トルコキキョウしか分からなかった^^;)。
花器にオアシスが入れてあり、それぞれにお花を
生けて(さして?)いくのだが、ユースケは
先生が手とり足とりって感じで教えてくれたので
けっこううまく生けていた。
私はお花を習ったことがないので(お花はセンスが
必要と聞いてお茶にした^^;)後ろから見ていても
私もけっこう勉強になってよかった(^^)。

お隣りのお友達

今日はお隣のマンションのお友達親子が遊びに来た。
この春に転勤してきて下の男の子がシュンヤの
幼稚園に転園、送迎バスで一緒に乗り降りする。
ユースケの時は一人だったので、バスに乗せて
しまえばそのまま戻っていたけど、今では朝から
ちょっとおしゃべりするのが日課(^^;)。
夏休みには遊ぼうねと言っていたのに、お互いの
都合がなかなかあわずに今日になった。
2年生のお姉ちゃんと年中さんの弟くん。
ユースケはお姉ちゃんと一緒にWiiで盛り上がり、
弟くんはシュンヤと遊んだりWiiの邪魔をしたり(^^;)。
最初、毎朝顔を合わせるのだから気が合わないと
ツライなぁとお互い思っていたけど、そんなことは
全然なくてホントによかった(^^)。

「ガリレオの苦悩」

ガリレオの苦悩ガリレオの苦悩
(2008/10/23)
東野 圭吾

商品詳細を見る

帰省の時に持ち帰って読んだ一冊。
TV、映画と人気のガリレオシリーズの短編集。
科学的なトリックを緻密に鮮やかに解いていく
面白さももちろんあるけど、あまり感情を出さない
湯川先生の思い悩む人間的な一面が見られる。
TVドラマにもなった恩師との対決「操縦る」は
TVで見ていたので内容は分かりやすかったけど、
私としては原作のほうが重みを感じるというか、
心に残るものを感じた。
映像化されているので、そのままキャラが浮かんで
しまうのは仕方ないけど、TVの内海刑事はどうして
原作よりバカっぽく見えてしまうんだろう・・と
いうのが私とタオの共通意見(^^;)。

ママ友達のおみやげ

おみやげ
今日は久しぶりにママ友達が遊びに来る。
帰省やら何やらでなんとなく会う機会がなく
気がつくと夏休みも終盤。
実家が宮崎の友達と、お盆に宮崎に旅行して
きた友達で、それぞれにおみやげをもらった。
↑ 申し合わせたように宮崎マンゴーの
生キャラメルとラングドシャ。
これでもかというくらい、宮崎マンゴー(^^)。
こんなにマンゴーが有名になるなんて、
これはこれですごいこと。
残念ながら、生キャラメルは例の有名どころ
ではなかったので食感が微妙に違ったけど(^^;)。
とにかく久々だったのであれこれおしゃべり
できて楽しかった。夏休みももう少し。

キャンプ終了

寄せ植え09
↑ お迎え途中に見かけた寄せ植え。
今日の夕方、ユースケがキャンプから帰ってきた。
シュンヤと迎えに行き、ちょうどバスから降りてきた
ユースケは笑顔で手を振った。
引率ディレクターにちょっと話を聞いてみたら、
「ホントにキャンプ初めて?って感じで全然大丈夫
でしたよ~」と言われた。
子供たちはすぐに仲良くなって楽しくやれたらしい。
野外調理でカレーを作ったり、ナイトハイクで星を
見たり、川遊びをやったり、盛りだくさんでとても
楽しかった様子。
ユースケにはこだわりがないせいか、体験ものでも
初めてのことでも躊躇なく参加したがる。
こういうところは体験もの好きの私に似たのかもと
思うけど(^^;)。
色々な人と関わることで色んな経験もできるし、
きっとユースケのプラスになると思う。
お留守番のシュンヤは今回はあまり寂しがることも
なく、どっちかというとわがままちゃんで困った(^^;)。

「硫黄島からの手紙」

硫黄島からの手紙 [DVD]硫黄島からの手紙 [DVD]
(2009/08/05)
渡辺謙二宮和也

商品詳細を見る

敵味方とはいえ、前線で戦う兵士たちはみんな
誰かの子供であったり、父親であったりする。
ただひたすらに無事を祈り帰りを待つ家族を
残して戦う姿がとても苦しい。
そして、家族にあてた手紙はとても切ない。
クリントイーストウッド監督の作品でありながら
日本映画かと思うほど自然だったことに驚いた。
双方の視点から描かれているということなので
「父親たちの星条旗」も見るべきかと思うけど、
どうにも戦争映画は苦手で・・・。
でも、この映画によりあまり知られていなかった
硫黄島の戦いを、私を含め多くの日本人が知った
ことは大きな意味があると思う。
直接関係はないけど、お盆の頃に見たTV番組で
あるコメンテーターが「8/6の広島から、長崎、
日航機墜落事故、終戦の日まで日本は祈りの週間
だと思っている」と言っていたことを思い出した。

キャンプ出発

キャンプ
↑ 集合場所にて。お揃いの青いTシャツで。
いよいよ今日からユースケはキャンプへ。
今朝、YMCAの集合場所までみんなで送って行く。
たまたまシュンヤの体操の先生がキャンプの
引率ディレクターなので心強い(^^)。
シュンヤには「お兄ちゃんをよろしく」と
言わせたので、先生は大笑いだった(^^;)。
参加者40名弱、6,7人のグループに分かれていて
それぞれにリーダー(学生ボランティア?)が
ついてくれる。説明会の時に一緒に遊んでるし
金曜の夜にはユースケに直接電話もくれた。
出発時間になり、みんなバスに乗り込むと
ユースケはバスの中から何度も手を振った。
天気予報では3日間お天気も良さそうだし
楽しいキャンプになりますように。

キャンプの準備

明日からユースケはキャンプに出掛ける。
今日は買い忘れていた懐中電灯を買いに行く。
携帯用の小さめのほうがいいかと思って。
2泊3日だけど、予備の着替えなどを入れると
けっこうな量になる。
シュラフはリュックには入らなかったので
別に持たせることにして、それでも実際に
持たせてみるとずっしり。
まぁ移動はそんなにないらしいから大丈夫かな。
ハンドブックには事前にどんなことが楽しみか
書く欄があって、ユースケは「野外調理」と
書いていた・・。
お米も洗ったことないのにどうなることやら(^^;)。

「1Q84」村上春樹

1Q84
村上春樹といえば、「ノルウェイの森」しか
読んでいないけど、先日タオが買ったので
ちょっと拝借、先に読んでしまった。
ファンタジーのようなサスペンスのような・・。
「1984」ではなく「1Q84」の世界。
それがどんな世界なのかと言われても、
うまく説明ができない。
「月がふたつ見える世界」としか。
スポーツインストラクターの青豆と、予備校の
講師の天吾、遠い昔の一瞬の出来事から長い
時間を経て、思わぬところでそれぞれの人生が
交錯していく。
先へ先へとどんどん読み進めていったけれど、
私は村上ワールドにはちょっとハマれないかも。
ただ読んでいる途中、なんだか月が見たくなって
ベランダに出てみた。
残念ながら月は見られなかったけど。

夏休みの歯医者

今日は朝一番で歯医者に行く。
夏休み前、ユースケは学校で歯科検診があった。
幸い虫歯はなかったけど歯垢などがあるらしく
夏休み中に一度診てもらおうと思っていた。
「お母さん、仕上げ磨きしてますか?」と
聞かれる。そんなの、やってないのは見たら
分かるだろうに・・と思いながら苦笑い。
きれいにお掃除してもらい、仕上げにフッ素も
塗ってもらう。
やっぱり時々は仕上げ磨きをしてやらないと
いけない様子。もう3年生なのに・・(^^;)。
でも私は子供の頃、夏休みの何が一番イヤかと
いうと、歯医者通いだった。
なので3年生になっても虫歯がないなんて、
子供の頃の私に比べたらたいしたもんだ(笑)。

「3月の招待状」角田光代

3月の招待状
帰省中、持ち帰った本を読んでしまったので
何か1冊買おうと思って「角田光代」さんの本を
探した。そして目についたのがコレ。
タイトルと装丁に惹かれて衝動買い。
大学時代を共に過ごした5人の男女。
30代半ばになり、3月のある日届いた招待状は
「結婚式」ではなく「離婚式」だった。
久しぶりに顔を合わせた面々は昔と同じように
盛り上がるけど、心の中にはそれぞれに葛藤や
虚しさや迷い、色んな思いを抱えている。
そしてそれぞれが新しいスタートを切る。
登場人物にすごく共感できるというわけでは
ないけど、なんとなくなつかしい気持ちになった。
それはこの帰省中、昔一緒に笑ったり悩んだりした
友達たちに数年ぶりに会ったからかもしれないけど。

土用干し

土用干し
やっと梅の土用干し。
普通なら7月には梅雨明けするので、その後の
お天気がいい3日間で干すのだが、今年はなかなか
梅雨も明けず、お天気もよくなかった。
結局7月末はぐずぐずしたお天気で、私は8月に
入ってすぐに帰省したのでできずじまい。
8月になってやっと梅雨明け、帰省からも戻って
きたので今ごろになってしまった。
去年の小梅より少し大きめで、漬ける時から熟して
いたので、すでに実はやわらかくなっていた。
梅は土用干すことで、色が良くなり皮や果肉が
やわらかくなるらしい。
シュンヤは並んだ梅を見て「梅の兄弟だ~」と
言って笑わせた(^^)。

かき氷

かき氷
我が家で作ったかき氷。
お盆休みも終わって今日から日常が戻ってきた。
しばらく朝ものんびり起きていたので、今朝は
なんだかきつかった・・。
ちょっとリハビリが必要かも(^^;)
我が家ではタオが夏に入る前にかき氷を作る
かき氷器を買っていた。
でも、その後すっかり忘れていたのを思い出して
昨日の夕方、やっとかき氷を作った。
氷は作っていたので、みつを買いに行って(^^)。
私も子供の頃、夏には家でかき氷を作って
もらって食べていたことを思い出す。
タオがかき氷器のレバーを回してシャリシャリ
作り始めるとユースケもシュンヤも興味津々。
家で食べるかき氷もまた美味しい(^^)。

「光の視覚サーカス展」

光の視覚サーカス展
お盆休みも今日まで。
今日は「光の視覚サーカス展」へ出かける。
---現代アートを「見て」「触って」「参加して」、
ゲームのように楽しみながら学ぶことができる
新しいタイプの美術展---
コンピュータを使ったり、動くように見えたり
光を使ったさまざまな作品があった。
↑ の作品は天井からつるされた大きなもので
手を近づけると光の点滅が放射線状に広がる。
キラキラしていて夜空の星を思わせる。
光ファイバーを使ったドレスもあり、身につけた
人の声や周囲の音をセンサーが捉えて光へと
変換されるらしい。技術的なことや詳しいことは
よく分からないけど、光を放ち形作られる作品は
どれもとてもきれいだった。

雨の日のWii

オクラ
↑ うちの実家で育っていたオクラ。
オクラはこんなふうに実がなるんだと初めて知る。
久々に帰ってきたのに今日は一日雨模様。
荷物を片づけたり、帰省の間ずっと放置していた
ブログの更新やら、留守の間にたまった録画の
消化やら、けっこう忙しい(^^;)。
こんな雨だとどこにも行けないというわけで、
ユースケとタオは大分で買ったWiiリゾートに
はまって2人であれこれやっていた。
手軽にリゾート気分になれるとかなんとか?
私はWiiFitこそちょっとはまってやってたけど、
それ以外はてんでやっていない。
シュンヤは見てるのも面白いのか、よく一緒に
なって見てるし、ゲーム好きな困った3人(^^;)。

帰省生活終わる

うみたまご2
↑ うみたまごの大きな水槽。
地上からの光がきらきらしてきれいだった。
今日の午後、長いぐうたら帰省生活から戻る。
今年はお盆の前に私の実家にも帰省したので
11日も家を空けてしまった。
結婚以来こんなことは初めてで、久しぶりに
家に戻ってみるとなんだかなつかしい気がした(笑)。
そしたら、シュンヤが「なつかしい~」と言うので
笑ってしまった(^^;)。
私の実家では上げ膳据え膳、子供の世話つきで
私はまさに読書とお昼寝三昧。
タオの実家でも洗濯係みたいなもので、ちゃんと
やったのはお墓参りくらい(^^;)。
持参していた本も数冊読みきり、妹の本棚にあった
コミックや、姪のティーンズ雑誌まで見てしまった。
活字中毒かと思うくらい、久々に本のページを
めくりめくった贅沢な日々だった(^^)。

お墓参り

ペンギン
↑ 昨日のうみたまごで見たペンギン。
今日、午前中はお墓参りへ行く。
外はなんだかムシムシする暑さで、ちょっと
歩くだけでも暑い暑い。
昨日タオのお母さんがお花をあげてくれて
いるので、私たちはちょっと掃除してお参り。
ユースケとシュンヤもお墓やお花に水をあげて
お参りを済ませる。
そういえば、お墓参りなどではご先祖様に
お願いごとはしたらいけないと聞いたことが
あったような・・・?。
ご先祖さまには感謝するのみ・・だとか。
シュンヤは時々タオの実家の仏壇の前に座っては
チーンと鳴らして手を合わせている。
格好を真似して遊んでいるふうなのだが、
ご先祖さまには笑われているかもしれない(^^;)。

別府水族館うみたまご

うみたまご
↑ 熱帯魚の水槽の前で。
今日は別府の水族館「うみたまご」へ。
以前、オープン間もない頃に一度行ったきりで
久しぶりに行ってみようかと。
その時はまだユースケも小さくて、とにかく
人が多くて魚を見に来たのか人を見に来たのか
わからないくらいだったけど(^^;)。
当時はなかったイルカのショーも楽しみ。
外は暑いけど、水族館の巨大な水槽の中を
ゆうゆうと泳ぐ魚たちを見ていると涼しげな
気分になる。
イルカのショーは4頭のバンドウイルカが
ジャンプジャンプで大ハッスル。
近くの観客には思い切り水しぶきがかかるけど、
かわいいイルカたちに大満足(^^)。

大分の友達

大分に帰省した時には、会いたい友達がいる。
ユースケが幼稚園の頃に知り合ったママ友達で
同じクラスにはならなかったけど仲良くなった。
大分に引っ越してから、私が帰省してお互い
都合がつく時には会うことにしている。
今日は友達が決めてくれたお店でランチ。
栗原はるみ氏プロデュースの「ゆとりの空間」。
行ってみたいと思っていたので楽しみだった。
それぞれの素材をシンプルに料理した感じで
特別凝ってるわけではないけど美味しかった(^^)。
実は私は料理本を持っているけど、その中の
いくつかしか作ったことがない・・(^^;)。
お互い近況報告しながら、それぞれ子供たちの
成長を嬉しく思った。
また会えるのを楽しみにしている。

佐賀~大分へ

マス釣り
↑ 初めてのマス釣り体験。
今日はお昼頃、佐賀から大分へ移動。
今回は1週間ほど佐賀滞在したので、子供たちも
いろいろお出掛けや体験もできてよかった。
海水浴にマス釣り、宇宙科学館のプラネタリウム、
キャンプ場での川遊びなどなど。
花火はすごく楽しかったようで滞在中3回もやった。
これまた最初は怖がっていたシュンヤも何度かやると
面白くなった様子で自分でやりたがる。
佐賀から大分まで高速もスイスイで3時前には到着。
子供たちはこちらでも久々におばあちゃんに会う。
ラッキーなことに昨日の夜の花火大会が雨で今夜に
順延になったので、夜ご飯を食べて見に行く。
近くの川べりから座って見られるので、大きな大輪の
花火や仕掛け花火もゆっくり見ることができた。
あの迫力はすごくてやっぱり夜空の花火はいい(^^)。

タオ帰省で合流

すいか
↑ 実家の裏の畑で作ってみたというスイカ。
大きくてびっくり。甘くて美味しかった。
今日はタオがお迎えに来てくれて合流。
今朝方、ちょっと肌寒かったせいかユースケが
少し発熱したけど、タオが迎えに来る午後まで
おとなしくさせていたら元気になった。
先日の豪雨で九州自動車道の一部が通行止めに
なっているので、都市高で迂回しなければならず
少し渋滞していたと言っていた。
おまけにETCの1000円高速より余計にかかるし。
ユースケとシュンヤは久しぶりにタオに会えて
嬉しそうだった。タオはタオでしばらく一人で
家で自由にのんびりできて楽しかったらしい(笑)。
今夜はタオも交えてみんなでバーベキュー。
朝からおじいちゃんがいろいろ準備しているのを
シュンヤも一緒にお手伝いしたとか(^^)。
バーベキューの後は花火。
盛りだくさんの佐賀帰省も今日で終わり。

高校時代の友達

カーネーション
↑ 母の日に送ったカーネーション。
母が庭に植えかえたらまた花を咲かせたらしい。
一泊二日で福岡から実家に戻ってみると、
全く寂しがるふうもなかった子供たちが・・(^^;)。
今日は高校時代の友達3人でランチ。
会うのはお正月の同窓会以来、「高校時代は
なんにも考えてなかったね~」と笑い話。
福岡での友達も今回も事前に連絡をして都合を
聞いたり約束をしたりするのは、時々ちょっと
面倒だなと思わなくもなかったけど、やっぱり
会うとそんなことはすっかり忘れて楽しい。
やっぱり会えてよかったととても嬉しくなる。
普段は遠くに住んでいて会わないのだから
疎遠になったり、それぞれの日常に流されて
しまいがちだけど、これからはなるべく会う
努力をしようと思う。

なつかしい友達

西新駅
↑ 地下鉄西新駅。
福岡に住んでいた頃、最寄駅は唐人町だったけど
友達が西新に住んでいてよく利用していた駅。
なんだかとてもなつかしかった。
昨日はライブの後、妹のところへお泊り。
せっかく自由の身なので昨日も今日も久々に
友達と会ってランチしたり、お宅にお邪魔して
おしゃべりしたりと、とても楽しかった。
福岡と北九州は近いけど、なかなか会う機会も
なくて、一人の友達はなんと10年以上ぶり!
いったい最後に会ったのだいつだったかすぐには
思い出せないくらい(笑)。
こんなふうに昔からの友達に会うとやっぱり
なつかしくて嬉しくて福岡に戻りたいと思う(^^)。

福山雅治ライブ

TOUR道標
↑ 福山雅治・TOUR2009道標(みちしるべ)。
今日は福岡へ。
マリンメッセでの福山雅治ライブ。
18:30開演だったので、夕方友達と博多駅で
待ち合わせて一緒に行く。
友達が取ってくれたチケットはなんと最前列!!
厳密に言うと3列目だけど、アリーナの端なので
前が通路と音響設備。
私も友達も初参戦なのでまさにビギナーズラック。
ものすごく間近で見られたのでびっくり!
いやはや3時間、トークも歌もみっちり楽しんだ。
やっぱりライブはいい!!
今回はいろいろなラッキーが重なってライブに
行くことができて本当に感謝感激(^^)。
友達も私も興奮冷めやらずでマリンメッセを
後にして、なぜか博多駅まで歩いた(^^;)。

海水浴

海水浴
↑ みんなで海水浴。
今日は天気がよかったので朝から海水浴へ。
両親が連れていってくれるので、私は留守番を
していようかと思ったけど、ちゃんと日陰が
あると聞いたのでついて行った。
ユースケは海を見るなり波打ち際へ一目散。
去年、海を怖がっていたシュンヤも少ししたら
慣れて楽しそうに遊び始めた。
プールとはまた違って波が寄せてくるのが
2人ともすごく面白そうだった。
子供たちは両親に任せて、私はデッキチェアを
日陰によせてずっと読書。
風が通ってすごく気持ちよかった(^^)。

佐賀へ帰省

白いかもめ
↑ 博多発長崎行「白いかもめ」。
今日から佐賀へ帰省。
朝9:30、タオに見送られて出発。
バス、新幹線、JR特急を乗り継いでちょうど
お昼ごろ実家に帰りつく。
お盆休みにはまだ早いので、新幹線もJRも
あんまり込んでなくて助かったし、子供たちも
新幹線やJRに乗って楽しそうだった。
タオが今週末の日曜に、お迎えに来てくれて
10日に大分に移動、お盆を過ごす予定。
子供たちは久々におじいちゃん、おばあちゃんに
遊んでもらえるし、私はこれから1週間実家で
ゆっくり過ごせる~(^^)。

明日から帰省

氷花
↑ 夏祭りで見かけた涼しげな氷のお花。
私は明日から佐賀へ帰省予定。
いつもはユースケを大分のタオの実家に一人で
先にお泊りさせているのだけど、今年は佐賀の
実家に先に行くことにして、それならついでに
私も子供たちと一緒に帰省することにした。
今週末、タオがお盆休みに入ったら迎えに来て
もらって、大分に移動、お盆休みを過ごす予定。
今日は午前中に着替えなどの荷物を送った。
昨日は帰りも夜だったし、今日はその荷物の
準備で午前中かかってしまったけど・・。
タオは自炊などしないので、冷蔵庫もカラに
しないとならず、今夜は残り物で何か作らないと(^^;)。
帰省するので更新が遅くなるかもしれませんが
よろしくお願いしますm(__)m。

スペースワールドへ

プール09
↑ プールで上の大きなバケツに水がたまると
ざぶーんとバケツがひっくり返ってすごい水しぶき。
今日は久々にスペースワールドへ。
近いわりには数年前に行ったきりで、今回は
タオが会社関係の方からフリーパスチケットを
頂いたのでありがたく行かせてもらう。
中にプールがあるので、ユースケたちは水着の
準備も万端。午後2時過ぎに入って5時まで
プール三昧。ウォータースライダーや流れる
プールなど飽きることなく遊んでいた。
テーマパークに行ったのかプールに行ったのか
分からなくくらい(笑)。夕食のバイキング付き
だったので、ショーを見ながら食事をして、
その後に観覧車やジェットコースターなどに
乗って夜まで遊んで帰ってきた。
けっこう楽しめると再発見(^^)。
タオはプールだけでも楽しいので、2回で元が
取れる年間パスポートを買ってもいいかもと
言っている(^^)。

Extra

プロフィール

ジョン太

Author:ジョン太
北九州在住の専業主婦。
夫タオと子ども2人の4人家族。
(ユースケ16歳・シュンヤ11歳)
美味しいもの大好き、
日々感じることを
あれこれ綴っています。

月別アーカイブ

ブログ内検索