FC2ブログ

Entries

「断捨離で日々是ごきげんに生きる知恵」

これも引きこもり生活で再読
 やましたひでこ著
「断捨離」はただのお片付けではなく、元々はヨガの
修行を日常に落とし込んだ生き方術なのだとか。
「不要なモノを断ち、不適なモノを捨て、不快なモノから
離れて自在となる」
ここ数年の間に引越しを繰り返したので、それなりに
けっこうなモノを捨ててきたつもり。
でも、正直まだまだ…(ーー;)。
けれど、今回やったアルバム整理と、高崎でやった

手紙の整理は、自分の中で長年気になりながらも
放置してきたことだったので、整理できてスッキリ。
モノを絞り込み、片をつけていく。
これは永遠のライフワークになるのかも(^^;)。
スポンサーサイト



「冷静と情熱のあいだRosso/Blu」


Rosso江國香織・Blu辻仁成
これもまた引きこもり生活で再読。
一つの物語を男女それぞれの視点で描く恋愛小説。
こんな作品の作り方があるんだと思った。
原作を先に読んだか映画を先に観たか、まったくもって
覚えていないけど、どちらも好きな作品。
映画を観ていつかフィレンツェのドォオモに行きたい!と
思ったけど、未だに行けてない(^^;)。
10年前のたわいのない約束は別れてしまった後も
ずっと二人の心のなかに在り続ける。
それぞれの揺れ動く心情が細やかで切なくて。
絵画の修復士という仕事を知ったのもこの作品だった。
あおいがお風呂で本を読むのが好きなのは江國さんと同じ(^^;)。

「泣く大人」「いくつもの週末」江國香織

日々の生活や旅、結婚生活を綴ったエッセイ。
こちらもGWにかけて再読。
 「泣く大人」
大人になると泣きたくなるようなことが増えるのかも?
江國さんの男友達には魅力的な人が多い。
「一緒に旅をしてこんなに気持ちのいい人はいない」と
生涯で一番のほめ言葉をくれたのはかなり年上の
男友達だったとか。
 「いくつもの週末」

江國さんの感性はちょっと不思議で面白い。
これは20年以上前の新婚生活が書かれているけど、
こんな友達夫婦がいたら楽しくてちょっと面白いだろうな。
バランスとか距離感とか、そういうのがとてもいい。

「Presents 」角田光代

 GW中に再読。
プレゼントにまつわる温かい短編12選。
もらった時はそれが普通に言う「プレゼント」では
なかったかもだけど、それは大きな温かい思いの詰まった
「プレゼント」だったと後から気づくこともある。
「鍋セット」では一人暮らしを始める娘に大中小の
3つの鍋セットを送る母。その鍋で恋人に仲間に料理を
作り、失恋した時も就職試験に落ちた時も料理を作る。
そして料理の仕事についても古くなったその鍋を使う。
母にもらったのは鍋だけではなく、もっと大きなもの。
電話で母に作り方を教えてもらうところで出てきたのは
カボチャの宝蒸し。他の作品でも出てきたので
きっと
角田さんのお気に入りのお母さんの料理なんだろうな(^^)。
「ヴェール」の女友達もすごくよかった。

映画「マイ・インターン」


撮り溜められた録画の中を見ていたら、いつか録画して
すっかり忘れていたのを発見して(^^;)。
ファッションサイトの若きCEOと、70歳のインターン。
最初はぎこちなかった関係が次第に深まり信頼しあえる
仲間になっていくさまがとても魅力的。
アンハサウェイ、かわいい!
ロバートデニーロが素敵なジェントルマンで、
「男性のハンカチは女性が泣いた時のためにある」のだとか。

Extra

プロフィール

ジョン太

Author:ジョン太
北九州在住の専業主婦。
夫タオと子ども2人の4人家族。
(ユースケ16歳・シュンヤ11歳)
美味しいもの大好き、
日々感じることを
あれこれ綴っています。

月別アーカイブ

ブログ内検索